米系ディストリビュータを利用したアメリカ市場への食品流通

| HOME
日本食材・日本酒のアメリカ進出
line

この度弊社では、アメリカの5大食品ディストリビュータ(卸売り業者)の1社と提携いたしました。

この企業は、全米に300社の子ディストリビュータを持ちます。
これらを通じて商品が流れる先は、5万軒のレストランおよびスーパーマーケットです。
この取引先軒数は、年に2-5%の割合で増加中です。
アジア系に強いので、日本食・中華・韓国系食材はもちろんOK。

全米の日本食レストランは、1万4000軒。非日本人経営が増えています。
縮小している日本人経営市場で、日系大手ディストリビュータ3社+中小が競争しています。

かたやアジア系を中心に5万軒。単純計算で15倍の流通経路。

アメリカで本当に勝負したいのなら、日系社会にとどまっていては広がりません。
「日本だから、日系ディストリビュータ」という思考の枠を変えて、本流を狙ってみませんか。

アメリカの国土は日本の24倍。人口は約2.4倍。
カリフォルニア州の面積でさえ、日本より少し大きな国です。
その0.1パーセントのシェアを取っても、大きなビジネスとなります。

ご興味がある日本の食品メーカー様、ご連絡下さい。
申し訳ございませんが、本気の方に限らせていただきます。

概要

  • アメリカで5本の指に入るディストリビュータ
  • 全米に300の子ディストリビュータを持つ
  • 子ディストリビュータから5万軒のレストランおよびスーパーへ流通
  • 5万軒のレストランおよびスーパーの数は、年に2-5%の割合で増加中
  • 主にチャイニーズ、コリア、日本食などアジア系へ流通
  • 大手レストランチェーンへも食材を供給中
  • 全米の日本食レストランは約1万4000軒。縮小している日本人経営市場で日系大手3社他が競合している
  • 日系卸と比較して、商品の流通量は、単純計算で15倍
  • 日本食レストランの非日本人経営が増えている
  • 日本の大手食品メーカー数社と独占販売店契約をしている
  • JCONNECTIONとは、現在共同事業を行っている
  • JCONNECTIONは、オーナー社長に直接プレゼンできる
line
(C)2010 JCONNECTION INC.All rights reserved
Powered by Com Studio