アメリカ進出 成功の秘訣4R23 Japanese Restaurant + Gallery 小高俊夫 氏

| HOME
日本食材・日本酒のアメリカ進出
line

アメリカ進出 成功の秘訣 その4

スシバーには、スシ以上のものが期待されている

odakaR23 Japanese Restaurant + Gallery,
Chief Sushi Chef Toshio Odaka 小高俊雄 氏

スシを頻繁に食べることはステイタス
今、最初のスシブームの子どもたちが大きくなっています。つまり、物心が付いた頃からスシが身近にあった人たちがスシを食べにきています。みんなが味が分かっているわけではありませんが、ネタの善し悪しが分かる人もいます。美味しいからリピーターになっている。好きで週に1回通ってくる人もいます。また、スシは値段が高い特別な食べ物です。それを頻繁に食べられることは、ステイタスにもなります。

アメリカ人は、スシバーに行けば何か特別のものが食べられると、スシ以上のものを期待しています。普通では納得しないところがあります。スシバーでは、シェフがつきっきりでサーブします。カウンター+オープンキッチンでスシシェフがオーダーメイドで料理を作る。他ではなかったことで、その特別な出来事がいいのです。

店の雰囲気は重要
今人気のとあるスシ・レストランは、出しているものは他店とはあまり違いません。クオリティがもっと高い店もあります。ここのメニューはスペシャルロールが中心で、インテリア、照明、音楽、これらが20〜30代の女性が好む造りです。デート向けのちょっとカッコイイ店になっています。このコンセプトが受けて繁盛しています。イベントも絶えず催されています。

r23店は、そんなに美味しくなくても雰囲気が良ければ店は儲かります。あとはロケーションと店の内容が合っていることです。アメリカ人は保守的です。スシを食べているのは一握りのリベラルな人たち。
多くのアメリカ人は朝昼晩とハンバーガーを食べて満足しています。都会じゃないと日本食は受け入れられません。地方ではまだ、エスニック・フードが受け入れられる土壌はできていません。

本格的な日本料理を!と意気込んできても難しいです。どんなにお洒落でも、人気のメニューは限られています。今受けるメニューは「食べやすい」「ヘルシー」「シーフード」です。

r23日本食はますます二極化
日本酒は、「SushiにはSake」と広がってきました。飲まれている日本酒はグルメが来る店とファミリータイプの店とでは異なります。グルメたちのトレンドは地酒、ファミリータイプの店では、熱燗が好まれています。

ここでは、日本で教育を受けた日本食のシェフが少なく、アメリカ人をトレーニングすることになりますが、やはり限界はあります。料理のバラエティも限られるし、味も繊細なものは無くなります。少しずつ日本食とは離れてフュージョンっぽっくなっていくのは、仕方のないことです。これからは、カリフォルニアに素材まで日本から運んでくるような純日本風とカリフォルニア・フュージョンに、ますます二極化していくと思われます。

line

R23 Japanese Restaurant + Gallery, Chief Sushi Chef Toshio Odaka 小高俊雄 氏
20年以上のキャリアを持つスシ・シェフ。サンフランシスコの京樽、アメリカ人向け寿司バーの草分けCAFE SUSHI、SANTA MONICAのHANA SUSHI、SANTA MONICAのYUZENなどで勤務。現在R23のチーフ・スシ・シェフ。

R23 Japanese Restaurant + Gallery
ロサンゼルスダウンタウンにある和食レストラン。外観はれんが造りの倉庫。洒落た内装としっかりとした料理でアメリカ人に人気。アッパーミドルの白人層が多く集まる。
923 E. 2nd St., Los Angeles, CA 90013
Lunch: Mon-Fri 11:30-2pm
Dinner: Mon-Sat 5:30pm-10pm
http://www.r23.com/

<<アメリカ進出成功の秘訣 もくじへ戻る

line
(C)2010 JCONNECTION INC.All rights reserved
Powered by Com Studio