アメリカ進出 成功の秘訣 特別インタビュー ジェトロ土屋敬三氏

| HOME
日本食材・日本酒のアメリカ進出
line

アメリカ進出 成功の秘訣 特別インタビュー

食と酒は、日本理解のゲートウェイ。

ジェトロ・ロサンゼルス・センター所長 土屋敬三(Keizo Tsuchiya)氏

Keizo Tsuchiya海外の人に日本の「食」に親しんでもらうことは、日本への理解を深めること
アメリカでは日本食や日本酒が親しまれてきていますが、その割りにはまだ、日本への理解は不十分です。日本食や日本酒を入口に海外の人々に日本文化を説明し、日本への理解を深めることは、日米のビジネス交流を深めることにもなります。

ビジット・ジャパン・キャンペーンで日本を訪れた人々が、美味しいものを食べて日本ファンになり、また行きたくなる。地方には、美味しいお酒や郷土料理、温泉、郷土芸能などの潤いがあり、人々の優しさがあります。そこには東京とは違ったよさがあります。東京だけに限らない、日本の素晴らしいところを紹介して日本全体の理解を深めてもらうことは、大切なことです。日本食や日本酒をアメリカ人に紹介することは、これをきっかけに日本全体への理解を深めてもらい、それに連れていろんなビジネスが発展する、そういう意味があります。これがジェトロの広義での役割です。

地方から世界のマーケットへ
バブル崩壊以降、日本では特に地方の疲弊が目立ちます。これまで地方から海外のマーケットへ目を向けることが少なかったのですが、日本の食材や日本酒が海外で人気があるのがわかってきました。そこで、農林水産省と経済産業省が協力し、海外マーケットへの紹介に力を入れています。具体的にはバイヤーの紹介なども行っています。ただ、簡単なことではありませんので、試飲会や食品展示会を開催したり、フェアに参加して新しい商材を現地のバイヤーに見つけてもらうように努力しています。また、ご自身でアメリカに来るのは大変ですから、品物だけを送ってもらい、それををアメリカの卸業者にヒアリングしたりアドバイスをもらったりして、商品開発をするサポートを行っています。

これまでジェトロは輸入を促進してきましたが、日米間の貿易収支が均衡してきたこともあり、最近は日本からの輸出にも力を入れています。日本の果物は品質が良いのです。リンゴやナシなどは高品質で海外での人気が高い。もっと地方の産地に海外市場を教えてあげたいと思います。また、日本酒がブームになってきていますが、アメリカでの日本酒市場が拡大すれば、それにつられて他の食品メーカーのメリットも増えます。食品戦略は影響が大きいのです。

ジェトロでは、市場の調査の他、輸出の手続き、税関、倉庫、これらの相談にも乗っています。食に限らずどんなビジネスでも公序良俗に反しない限り、日本からアメリカに進出する支援を行っています。

ニューヨークとロサンゼルスが二大日本食市場
2007年3月4〜10日、ニューヨークのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターで行われたレストラン&フードサービス・ショーにジェトロが参加し「日本食文化フェスティバル・イン・NY」を行いました。フェスティバルの中心となった「ジャパン・パビリオン」へは日本から25の企業と団体が出展。とても盛況なフェスティバルとなりました。3月22日にロサンゼルスで開催された「酒フェスティバル・イン・LA」も1日だけのイベントでしたが非常に盛況でした。

日本食は、ニューヨークとロサンゼルスが二大市場です。ニューヨークは日本食レストランの店舗数そのものは少ないですが、高品質で高価格です。ロサンゼルスでは日本食レストランが1700店舗ぐらいあります。価格帯も様々で、スシはすでにいろんな経済層の人々に受け入れられています。アメリカ人たちの健康志向で日本食に注目が集まっていますが、この波に乗って伸びていけるかどうかは、これからのプロモーション次第だと思います。日本酒は日本食レストランだけでなく、アメリカのイタリアン・レストランなどに広めていくことが必要です。今後の課題は、内陸部に向かってどうプロモーションしていくかでしょう。

アメリカ市場での日本食
2カ月ぐらいの短期促成のスシ・シェフが握っている店があります。客もそれで美味しいと食べている。非日系のスシ・レストランと日系のレストランでは、価格が3割ほど違います。違いがよく分からない人も多いですし、日本人を含めて高い店にはあまり行きません。そうなると、良い素材を使って良いビジョンを持っていても価格が高いと商売が立ちゆかなくなります。店の雰囲気にしても、純和風はアメリカ人にあまり好まれていません。アメリカの感覚で少し和風テイストが入るのが良いようです。

値段、味覚、店の雰囲気、いろんな面から見ても現地の消費者の好みにより、日本料理のフュージョン化は進むと思われます。それを好むか好まないかは、消費者が決めることです。日本食認定制度が話題になりましたが、ロサンゼルスにある1700軒のレストランをジャッジして、ここの店が一番良いと決めることはできません。非日系人も良い料理を作っていますから、日本人だけが認定マークをもらえるわけでもありません。下手をすると民族排他主義的な動きになります。日本人がカレーに福神漬けを添えたように、スシにキムチが乗ってもスペアリブが乗っても、それを美味しいという人たちがいるのならそれで良いのです。けれど、日本からの観光客や知日家も納得できる、オーセンティックな日本料理がどこで食べられるのか、この情報は必要でしょう。

日本はアジアのゲートウェイ
現在、アジア・マーケットの成長率が高くなっています。ですから、日本企業でもアジアに進出する企業が多い。一方でアメリカ市場も見直す時期に来ていると思います。これからは、日本にある日本企業より、海外に出た日本企業がアメリカとの取引の推進役になると考えています。また、日本はアジアのゲートウェイです。ジェトロではアメリカ企業の日本進出も支援していますが、日本市場と言うよりアジアのゲートウェイ機能に注目してもらいたいと思います。日本の研究水準・技術水準は世界的にも秀でたものがあります。日本を活用して、広いアジア市場に進出していく。そのためにも日本への理解を深めてもらいたいと考えています。

line

土屋敬三(Keizo Tsuchiya)氏
ジェトロ・ロサンゼルス・センター所長。在米期間も長く、アメリカ市場、アメリカの日系市場についても詳しい。

日本貿易振興機構(ジェトロ)
JETRO(Japan External Trade Organization)
東京都港区赤坂に本部を構える経済産業省所管の独立行政法人。日本の貿易の振興に関する事業、開発途上地域の経済等に関する研究を幅広く実施。55カ国73カ所の海外事務所、36ヶ所の国内事務所のネットワークを有する。
事業概要:外国企業誘致支援、日本企業の輸出支援、地域経済活性化支援、海外ビジネス展開支援、貿易投資相談・情報提供等。
http://www.jetro.go.jp/

<<アメリカ進出成功の秘訣 もくじへ戻る

line
(C)2010 JCONNECTION INC.All rights reserved
Powered by Com Studio